あぶらとり紙ってアラサー男子も使うべき?ニキビや毛穴にも効果的!

1 - あぶらとり紙ってアラサー男子も使うべき?ニキビや毛穴にも効果的! スキンケアの基礎知識

男性は女性よりも皮脂の分泌量が多いのでどうしても肌がテカってしまいがちです。

 

男性は女性よりも皮脂の分泌量が約3倍もあるようなので、肌がテカってしまうのは当たり前のようです。

 

ただ、肌のテカったアラサー男子というのは女性からは良く思われていないみたいなんです。

 

意識していないかもしれませんが、脂性肌(オイリー肌)の人は「彼氏にしたくない男性の肌ランキング」の2位だそうです。

 

どんなランキングだよって思うかもしれませんが、肌がテカっていると不潔な印象を与えてしまうみたいです。

 

そんな肌がテカっているアラサー男子の救世主といえば「あぶらとり紙」じゃないですか?

 

どこでも手軽に肌の皮脂を取り除くことができるのでとても便利ですよね。

 

ただ、このあぶらとり紙は肌に良くないなんて聞いたことがありませんか?

 

実際のところどうなんでしょう?ということで、今回はあぶらとり紙はアラサー男子に必要かどうかについて紹介させていただきます。

アラサー男子にあぶらとり紙は必要なの?

58e321095cd57ed2b42cb7af329a5465 s - あぶらとり紙ってアラサー男子も使うべき?ニキビや毛穴にも効果的!

汗をかく時期になると気になるのが肌のテカリですよね。顔を洗ってもいいのですが、洗いすぎは肌によくありません

 

そんな時に手軽にどこでも使うことができるのがあぶらとり紙です。

 

あぶらとり紙は使いすぎると良くないなんて言われていますが、実は使うことによるメリットはたくさんあるんです。

あぶらとり紙を使うメリット

2020 03 14 00h58 47 - あぶらとり紙ってアラサー男子も使うべき?ニキビや毛穴にも効果的!

あぶらとり紙はどこでも手軽にテカった肌をキレイにできるというメリットがあります。

 

でも、それ以外にもあぶらとり紙を使うメリットはあるんです。

毛穴の悩みを解消できる

毛穴の黒ずみや広がりで悩んでいるという方も多いと思います。なんで毛穴が黒くなるのって思いますよね。

 

実は、毛穴の黒ずみの原因は酸化した皮脂なんです。毛穴に残った皮脂が酸化して過酸化脂質に変化します。

 

過酸化脂質は毛穴の汚れや肌の黒ずみとなるもので、ニキビや老化などを引き起こしてしまいます。

 

毛穴から出た皮脂を長時間放置すると酸化して過酸化脂質になってしまうので、そうなる前にあぶらとり紙を使い余分な皮脂を取り除くことで毛穴の悩みを防ぐことができるというわけです。

ニキビ対策になる

酸化した皮脂である過酸化脂質というのは刺激物となりニキビの原因になもなります。

 

実際に汗をかきやすい夏場は皮脂の分泌量も増えるのでニキビもできやすくなりますよね。

 

皮脂の酸化によってニキビができることを防ぐためにもあぶらとり紙は効果的です。

 

肌の皮脂というのはあぶらとり紙以外でも取り除くことができ、ティッシュでも取り除くことができます。

 

しかし、ティッシュを使った時にティッシュの繊維が肌に残って刺激になってしまうことがあるので、皮脂ケアにはあぶらとり紙が一番適しています。

あぶらとり紙のデメリット

あぶらとり紙は皮脂による毛穴の黒ずみや広がりを防ぐことができ、ニキビ対策にもなる優れものです。

 

ただ、使いすぎると肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌トラブルに繋がってしまう可能性があります。

 

肌に必要な皮脂は残しておく必要があるので、使いすぎには注意しましょう。

アラサー男子があぶらとり紙を使う場合の効果的な使い方と注意点

2020 03 14 01h00 04 - あぶらとり紙ってアラサー男子も使うべき?ニキビや毛穴にも効果的!

あぶらとり紙は使い方によっては肌トラブルを防いでくれる良いものですが、使い方を間違える逆に肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

そうならないためにも、あぶらとり紙の使い方には注意するようにしましょう。

テカリがすごい部分だけ使う

まず、あぶらとり紙は乾燥している部分には使用せず、皮脂が多い部分のみに使うようにしましょう。

 

乾燥した肌にあぶらとり紙を使ってしまうと、肌に必要な皮脂までも取り除いてしまい、乾燥を促進させてしまうことになります。

 

ですので、あぶらとり紙を使う場合は皮脂が多く分泌されるTゾーン(額と鼻)を中心に使うようにしましょう。

優しく肌に当てて使う

あぶらとり紙を使う時に擦って使っている方を見かけますが絶対にやめて下さい。

 

汚れを取ろうと強く押さえつけたり擦ってしまうと肌にダメージを与えてしまうことになってしまいます。

 

あぶらとり紙を使う時は肌にやさしく当てるようにして使うようにしましょう。

使用頻度は1日1~3回

あぶらとり紙の最適な使用頻度というのは人によって違いますが、1日1~3回を目安にしておきましょう。

 

あぶらとり紙を使いすぎると肌に必要な皮脂まで取り除いてしまう恐れがあり、逆に肌トラブルの原因となってしまう可能性があります。

 

皮脂の分泌量がとても多くていつもテカってしまっている人でも、使用頻度は1日3回までに留めるようにしましょう。

ザラザラした面を使う

あぶらとり紙によっては裏表があったりします。触ってみると一方はツルツルしていて、一方はザラザラしているなんてことありませんか?

 

両面ともツルツルしているなんて場合もありますが、ざらっとした面がある場合はザラザラした方を使いましょう。

 

ザラザラした面を使うことで皮脂をしっかりと吸収してくれます。

あぶらとり紙ない場合はレシートでも大丈夫

男性は皮脂の分泌量が多いので、あぶらとり紙を使って余分な皮脂を取り除くことで肌の黒ずみなどを防ぐことができます。

 

ただ、使おうとしたらあぶらとり紙がもうなかったなんて場合ありますよね。

 

「今からデートなのにどうしよう?」「お客さんと会うのにどうしよう?」

 

そんな時はレシートを使うことで余分な皮脂を取り除くことができます

 

レシートのツルツルした面をテカリが気になる部分に押し当てると皮脂が取れますよ。

 

でも、これは出先でどうしても!という場合です。それ以外の場合はあぶらとり紙を使うようにして下さいね。

最後に

今回はアラサー男子はあぶらとり紙を使った方がいいのかどうかについて紹介させていただきました。

 

あぶらとり紙は使うと良くないなんて噂を聞いたことがあるかもしれませんが、使い方を間違わなければスキンケアにはとても効果的です。

 

あぶらとり紙を正しく使うことで毛穴の黒ずみや広がり、ニキビの対策にもなります。

 

最近の研究では酸化した皮脂は顔のたるみにも大きな影響を呼ぼしていることが分かっています。

 

いつまでも若々しい肌を維持するため、日々のスキンケアにあぶらとり紙を取り入れていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました